Jan 30, 2016

写真撮影のコツ 〜ネットショップ商品撮影〜

普段、仕事では撮影はプロカメラマンに依頼します。
写真のクオリティで商品の質もデザインの質も変わるからです。

でも、個人でネットショップ等をしていて
コストをかけずに自分で撮りたい!というお悩みもよく聞きます。

もし写真を撮るのが苦手で、撮る事が苦痛でたまらないなら(笑)
プロに頼む。もしくは上手な人、写真が好きな人に頼むのも選択肢の一つ。
頼む事で商品の別の魅力を引き出してくれる事もあります。

 

「こうすれば絶対プロ並に撮れる!」なんてモノありませんが

「雰囲気がいい写真を撮るコツ」はいくつかあります。

 

◎自然光で撮る
色んな所で言われているかもしれませんが、基本です。
午前中の柔らかい日差しが入る窓際がオススメ。
もし部屋が暗くて屋外で撮るなら日陰がオススメ。

 

撮影方法

 

自然光がいいのは、とにかく明るく自然に撮れるから。
また今っぽい写真のテイストが自然光撮影の雰囲気だからです。

 

上記で撮影風景で実際に撮った写真

上記写真の撮影で実際に撮った写真

 

◎色んな角度で撮ってみる
角度で写真の印象はかなり変わります。
また、モノによって効果的な角度も変わってきます。

 

真上から撮影した写真

真上から撮影した写真

真俯瞰(真上から撮る)が可愛く見えるのか
斜俯瞰(斜め上から撮る)の方が高さや素材感がわかるのか
下から、もしくは平行に見る方が面白く撮れるのか

 

真上から撮る時は三脚がおすすめ

真上から撮る時は三脚がおすすめ

 

◎スタイリングを考える
特にイメージ写真の良し悪しはスタイリングで大きくかわります。
スタイリングとは、どんな背景、シチュエーションにするか。
見せたいイメージとコンセプト、またセンスが必要です。

 

ライトボックスや照明を使って撮る方法もよく紹介されています。
でも正直、ヘタしたら素人感が目立つ事も…。
長くなるので、この話題はまた今度。

今はスマホでも綺麗に撮れるようになりましたし
レタッチ(色調整等)できるならさらに質は上がります。
でもレタッチで写真を壊す事も…長くなりそうなので、また今度(笑)

 

誰でもできる一番簡単な方法・・・

◎ちょっといいカメラ(一眼)を使う!
道具が自分の腕を引き上げてくれる事は大いに期待できます。
難しい設定をしなくても、一気にクオリティは上がります。
やる気があるなら買って損はありません。

 

最後に・・よく「白背景でわかりやすく明るく」と言いがちですが
特にジュエリーやアクセサリー系の写真は、
濃い目の背景の方が質感や光が綺麗に出る事もあります。

濃い背景での撮影、おためしあれ

濃い背景での撮影もおためしあれ(↑自然光のみです)

 

ご自分で商品を撮るコツ、とても1回ではお伝えできないので
今後もお話していければと思います!
リクエストも受け付けてますのでよろしくお願いします♪

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Grab the latest!

Twitter でCatchy businessをフォローしよう!


Posted in Blog, デザインNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA