Mar 30, 2016

商品撮影やSNS写真、自宅のどこで撮影したらいい?

ac26a589c1bd095ee530e4335722ef7f_s

 

ネットショップの商品撮影だけでなく

InstagramやFacebook、TwitterなどのSNS用の写真を撮る際

よく聞くのが「自宅では撮れるような場所がない・・」という言葉。

 

日々生活している部屋

キレイなモデルルームのようにはいきませんよね。

 

でも部屋全体を撮るわけではありません。

商品やシーンを撮れる場所は以外に多いのです。

 

 

1.窓際

窓際

 

ここは「自然光」を使って一番効果的に撮影できる場所。

レースカーテンの有無でも雰囲気が変わるので

光の調整がしやすいのもポイント。

 

撮影の時はちょっと頑張って

使えそうなテーブルや棚を窓際まで持って来るだけでも違います。

 

 

2.テーブルの上

pcdesk

 

一番自由度が高いテーブル。

色んなセッティングができます。

モノが多い!という場合でも

撮る場所の周りだけ片付ければ何とかなります。

 

◎仕事・PC机

キーボードやマウス、文具が入ると仕事中のシーンに。
特に手元を入れるとそれらしく「使っているシーン」を演出できます。

 

◎ダイニングテーブル

食卓の風景がイメージできます。
普段、おやつやお茶のついでに撮ると
「日常のシーン」を演出できます。

 

◎天板が撮影に向いていないテーブル

紙や布を敷けば雰囲気も変わります。
テーブルクロス、ランチョンマット、画用紙、ラッピングペーパー等

 

 

3.棚や本棚

mugcup

 

棚っていつも何かしらモノが置いてあるので

最初から「使えない」と思いがちですが、

モノをどければ意外にスペースができます。

 

例えば、その棚の上部がタイル貼りや

藤のアジアンテイストだったりする場合

その質感が一気に違う印象を作り出してくれます。

 

本棚の場合、本を少し外すと棚の中のスペースも使えます。

 

 

4.床

スタイリング

 

どーしても撮る場所がない!という場合

思い切って床に布を敷くという手もあります。

もしくは床に箱系のモノを置く、など。

 

ただ、角度によっては

床というのがバレるのでお気をつけて(^_^;)

 

 

自宅の見慣れた風景、少し視点を変えて

スペースを作ってみてください。

案外色んな所が撮影場所になるはずです。

 

その中でも「自然光が入る」場所が一番理想的です。

ぜひ色んな場所を探してみてくださいね。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Grab the latest!

Twitter でCatchy businessをフォローしよう!


Posted in Blog, デザインNo Comments » 

関連記事