Apr 13, 2016

誰でもできる!センス(感性)の磨き方

SI185_

オシャレなデザイン、美しい写真、目を引く言葉・・
作る自信も選ぶ自信もない。

「だってセンスがないから・・・」
そう思ってませんか?

デザイナーっていうと
「いいよね、センス良くて」と言われる。
いや、いや、いや・・・そうでもない(笑)

私も新人の頃、ボロクソに言われてました
「センスが悪い」と。

 

 

センスは努力で磨ける

センスや感性って生まれもったものでしょうか?
いいえ!努力や経験が身に付いていった結果です。

というか、あるレベル以上のセンスって
努力しないと身に付きません。

努力というと大変そうだけれど
「努力→興味」と置き換えると
構えなくていいかもしれません。

 

 

どうやってセンスを磨く?

いつも持ち物や服装がオシャレな人っていますよね?

その人達は、おそらくオシャレなものに興味があって
常に情報収集しているはずです。

無意識に自分が興味のあるものにはアンテナがはられているもの。

自分のセンスを磨くには
まず、このアンテナを意識する事です。

自分が「オシャレなもの」「センスがある」と思うものを
いちいち気に留めて見る事。

いつもなら「たまたま目に入った」ものも
「これいいな」と思えば、しっかり見てください。

「意識すること」それだけでも違います。

 

 

自分がいいと思ったものを集める

デザイン、ファッション、写真、雑誌、動画・・・
何でもいいです。

特に自分がセンスUPしたいと思うジャンルで
「いい」と思ったものを集めてみると自分の好みや傾向がわかります。

その中で「なぜいいと思ったか」
客観的に考えてみるのです。

その理由をしっかり言えるものは
自分にとって身になった感覚ともいえます。

自分が何を「いい」と思うか
雑誌で探してみる事もおすすめ。

なぜなら雑誌は写真、デザイン、コピー
全てがプロの手で計算されているから。

WEBサイトだと見る人の環境で見え方が変わります。

また雑誌は様々なジャンルがあるので
普段は見ない雑誌に新しい発見があるかもしれません。

 

 

クリエイティブの仕事を続けてきて実感すること。

自分のセンスを磨くには
プライドと思い込みをできるだけ外して
どれだけ素直に客観的に「見て」いるか。

これは、プロの仕事でも
ハンドメイドの作品づくりでも、趣味でも同じだと思います。

「センスがない」なんて悲観せず
まずは意識する事からはじめませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Grab the latest!

Twitter でCatchy businessをフォローしよう!


Posted in Blog, デザインNo Comments » 

関連記事