Feb 17, 2016

驚くほど簡単にRとLの発音がよくなる方法

英語発音に自信がない・・・、や
ネイティブスピーカーみたいにかっこよく英語を話したい!

発音指導レッスン希望生徒さんのほとんどが、上のような理由でレッスンを受けられます。
たくさん「発音改善」方法は出回ってますが、
どうして上手く発音が直らないのでしょうか。
それは、そのやり方があなたに合ってないからです。

では、何をどうやって直せばいいのでしょうか。
そこで、実際レッスンで教えている「発音のコツ」
今日、特別にお教え致します。

i320

↑上の図はよく見る、「R」と「L」の発音の説明図↑ でも実際にわかり辛いのが難点! しかも、得意不得意があって、あまり効果的とは言いかねない・・・。


日本人が最も苦手としているアルファベットの音は「R」と「L」ですよね。
よく、「R」のついた単語を発音する時は舌を丸めて・・・、
なんて聞きますが、なかなか難しいのが難点

日本語は英語とは違って、舌、唇、のどなどを使わなくても話せる言語です。
だから、私たちは舌を使った音が出すのが苦手なんです。

私自身もその一人でした。
うまく音がでなくて、「は?」と頻繁に聞き返されていました。
一番の苦い思い出(今では笑い話ですが)は、
「R」と「L」を間違えて発音し、全く違う意味の内容を話してしまった事です。
(この話は次回に)
このような苦い経験を何度も経てたどり着いた解決法が、
今回皆さんに紹介させて頂くものです。
これを使えば、ほぼ100%の確率で
「R」「L」の発音が改善されます。

 

「R」の発音
それは、「R」で始まる単語を発音する時、
初めに小さな「ぅ」を付けるんです。

そうです。小さな「ぅ」を付けて、
「ぅら、ぅり、ぅる、ぅれ、ぅろ」「Ra、Ri、Ru、Re、Ro」です。

嘘だ~!と言われるかもしれません。
簡単すぎない?!とも言われた事あります。
でも、一番私たち日本人に合った発音改善法です!

では、以下の単語を発音してください。
Rice(ごはん)
そうです。Rice=ぅらいすです。
では、これは→Race(競争)
そうです。Race=ぅれいす、です。

では、「L」は?
これは簡単。これは日本語の「らりるれろ」です。
「R」と「L」の、2つの舌の使い方に慣れたら、
次は「L」の音を発音する時、
舌先を上の前歯の裏につけながら

「らりるれろ」と発音してみてください。これで大分音が変わってきます。

さて、早速今学んだ知識を使って、
「R」と「L」に気を付けながら発音の練習をしましょう!

Rice vs Lice = ぅらいす vs らいす
意味:ごはんvs 毛じらみ

Race vs Lace= ぅれいす vs れいす
意味:競争 vs レース

Right vs Light= ぅらいt vs らいt
意味:vs ライト

*「T」の音は日本語の「っ」の音に近いです

どうでしたでしょうか。
これで、皆様がもっと発音に自信を持っていただけると幸いです。

まだまだ続きます、発音編!

それでは次回までChiao!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Grab the latest!

Twitter でCatchy businessをフォローしよう!


Posted in 発音, 英語No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA