Apr 6, 2016

Etsyショップのトップページカバー写真をデザインしよう

出典:https://www.etsy.com/seller-handbook/article/your-shop-home-in-a-brand-new-design/39964431073

出典:https://www.etsy.com/seller-handbook/article/your-shop-home-in-a-brand-new-design/39964431073

前回の記事が
Etsyのトップページデザインがリニューアルされる」という事で
にゃごみ処のカバー写真の紹介だったので
Etsyカバー写真(バナー)のデザインについてお話したいと思います。

自分で作る!という方も参考になれば。

TOPページの画像はお店の看板と同じ

今回のカバー写真、ショップのTOPページで一番目立つ存在です。
いわばお店の看板的存在。

まずは伝える内容を明確にしましょう。

何のショップかが一目でわかる」事が大事!

写真でも言葉でも、できるだけシンプルに

「わかりやすく」伝える事が大事です。

メイン画像は何にする?

「わかりやすく」するには「わかりやすい写真」が効果的。

また写真のイメージ=デザインのイメージとも言えます。

極端に言えば、クオリティの高い写真があれば
デザインは多少ヘタでも成り立ちます。

・商品そのものの写真→何を販売しているかがわかりやすい。

・使っているシーン→商品の持つ雰囲気、購入後がイメージできる。

写真の使い方として・・・

・1点を大きく使う→インパクトがあり覚えやすい

・複数を合わせて使う→内容をより広く伝える

とも言えます。

タイトルを考える

看板ですから「ショップ名」「お店のキャッチコピー」があると効果的。

写真は見る人の主観で印象が変わる事もありますが
文字だと内容をブレずに伝えられます。

写真+文字でぐっと伝わるものに。

・ショップ名
・何のショップか
・ショップの特徴・ウリ

気をつけたいのは、短い文章で効果的に伝える事

日本語でも英語でも短い文章って案外難しい。
特に英語はきちんと伝わっているか検証が必要です。

書体(フォント)、色を考える

書体選びは奥が深いです。
書体の良し悪し、使い方が理解できればもはやプロの域・・・

でもここは難しく考えず、イメージを明確にする事。

書体や色で雰囲気が変わるので、
ショップのイメージを考えてみてください。

・大人っぽくする、上品な感じにする

image1

 

・カジュアルにする、シンプルな感じにする

image2

 

・可愛らしい印象、元気な感じにする

image3

 

特徴のある個性的な書体を使うとデザインした気分になりますが
実はバランスが難しいので(ヘタしたらチープな印象に)
迷ったらシンプルな書体を使うのも手です。

まずは「どんなショップに見られたいか」!

そこからイメージをふくらませてみてくださいね。

 

 

◎Etsyカバー写真詳細

  • Etsyカバー制作費…7000円~(税抜)
  • サイズ 1200×300ピクセル(Etsy推奨のサイズは3360ピクセル×840ピクセルです)
  • 素材はご提供ください。
  • 修正2回までとなります。(大幅な修正や修正回数が多い場合は別途お見積り)

◎英訳もお気軽にお問合せください

inquiry-img

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Grab the latest!

Twitter でCatchy businessをフォローしよう!


Posted in Blog, デザインNo Comments » 

関連記事