Mar 10, 2016

花見って、英語で何ていうの?

あっという間に3月になりました。

だんだんと暖かくなり、私の住んでいるシアトルでは
桜が咲き、春らしい毎日になってきました。

今日は春にちなんで、
よく聞かれる春の「これ英語で何て言うの?」特集です。

春と言えば、

日本独特な春の行事の説明は、なかなか難しいですよね。

以下は生徒さんからよく聞かれる、
春の「これ英語で何て言うの?」です。

 

花見って英語で何て言うの?

 

お花見は日本独特な春の行事。
残念ながら、英語で「お花見」に当たる言葉はありません。
お花見文化がない方に、英語でお花見を説明する時は、
以下のように少し説明を付け加える必要があります。

Ohanami is an outdoor picnic to view cherry blossoms with friends and family.
訳:お花見は家族や友達と桜を楽しむための野外ピクニック

・・など、どんな事をするのかを説明してあげるとOKです。

 

「桜のピンクっぽい、白っぽい色って英語で何て言うの?」

色を説明する時に困るのが、淡い色

淡い色。英語でどう説明する?


桜色は、ピンクとも言い切れない、かと言って白でもない、その中間の色。
日本語の「~っぽい」に当たる言い回し、皆様ご存知ですか?
日本語の「~っぽい」は英語で「~
ish

よく聞く「ボーイッシュな感じ」の「イッシュ」が英語の ish(=~っぽい)なんです。
名詞の後ろに付け加えるだけで、「~っぽい」になります。

 

例えば、ピンクっぽい色
Pink + ish = Pinkish color

例えば、白っぽい色
White + ish = Whitish color、となる訳です。

これで淡い色の説明は大丈夫!

 

ちなみに、ishは、「大体~くらいに」という意味にもなります。

例えば、「2時ぐらいに迎えに行くね!」という時も、

I will come and pick you up around 2-ish、となる訳です!

じゃ、「うちの犬、34歳くらいだよ」という時は?

そうです!

My dog is around 3 or 4 ishで大丈夫。簡単でしょ?

ただし、これはインフォーマルなので、
ビジネスや学校では向いてません。ご注意ください。

 

sakura画像

春と言えば、桜!

「五分咲き、七分咲き、八分咲き、見ごろ、満開、それから散り始め」

 

これもよく聞かれます。桜が大好きな日本人らしい表現ですよね。
でも覚えて頂きたいのは、桜へ関心は海外と日本とは違う、という事。

こちらの方としたら、七分咲き、八分咲き、と言われても・・・、
というのが正直な反応です。

ですから、海外の方に説明する時は、
「七分咲き」や「八分咲き」を無理に使わなくても
以下の言い回しを使えば大丈夫。

咲き始め : starts to bloom
Sakura trees are starting to bloom.
桜が咲き始めました)

 

五分咲き : half bloomed
Sakura trees are half bloomed now.
今、桜は五分咲きです)

 

見ごろ : at their best
Sakura trees are at their best today.
今日が桜の見どころです)

 

満開 : in full bloom
Sakura trees are in full bloom.
桜が満開です)

 

散り始め : starts to fall
The blossoms are starting to fall from the trees.
桜の花が散り始めました)

 

いかがでしたでしょうか?
是非参考にしてくださいね!

Happy Learning!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Grab the latest!

Twitter でCatchy businessをフォローしよう!


関連記事