Aug 27, 2016

徹底分析!国によって意味が違う?パース(Purse)の意味と使い方

みなさん、こんにちわ。
お久しぶりでございます。
英語担当のVickyです。

本日は、ハンドメイド英会話の生徒さんから
よく頂く質問を元にお話ししたいと思います。

質問:「私の手作りバッグは、英語でどの単語に当てはまりますか?」

「バッグ」と一言で言っても、たくさん種類がありますよね。
用途によって、日本語でも色々言い方があるように、
英語でも同じようにあります。

「バッグ」と言われて、すぐに思い浮かぶのがBagですね。
Bagは、物をいれて保管する、持ち運ぶ袋状のもの全てを指します。

今回は、Purse(パース)に焦点を当ててお話ししますが、
実は、同じ英語圏でも、
イギリスとアメリカではPurseの用途や意味が少し違います。

今回は、国による意味の違いを徹底的に分析しましょう。

Purse (パース)の意味:イギリス英語VSアメリカ英語

皆さんもご存じの通り、イギリス英語アメリカ英語は、
同じ単語であっても意味が少し違い、Purseの意味も違います。

Etsyなど、オンラインショップサイトに自分の商品を掲載する際は、
イギリス英語とアメリカ英語の両方を使うのが無難でしょう。

イギリスvsアメリカ: Purseの使われ方と解釈の違い

先ほども言ったように、Purse(パース)は国によって用途が違います。

例えば、イギリスではPurseと言えば、
私たちの小銭入れとして幅広く使われ、カバンの中に入れて運ぶ物に当たります。

 

 

Copyright © にゃごみ処

イギリス英語では、Purseは、大きなバックに入れる収納バック用パウチに当たります。小銭入れやカード等を入れるものとして解釈されています。

 

対照的にアメリカでは、Purseは「ハンドバック」の類語として使われ、
幅広いデザインと用途があるものを指します。

以下のハンドバックの類語として使われます。
クラッチ付きハンドバックトートバック
ホーボーバック(Hobo bag)、それから小型カバン(Satchel bag)等。

hobo bag

出典:Pinterest/Hobo bag

アメリカでは、Purse (パース)は幅広いタイプのカバンを指します。 Hobo bag もそのうちの一つ

 

商品説明する際は、Purse とハンドバックの種類(上記参照)
両方を使うのが無難かもしれませんね。
今回はPurseに焦点を当てて、
国によって単語の意味の違いがある、という事をお話ししました。
参考になりましたでしょうか?

次回はパウチ(Pouch)とパース(Purse)、
それからクラッチバック(Clutch bag)の違いついてお話しします!

 

Happy learning!

 

翻訳のお問い合わせはこちら!
皆様からのお問い合わせ、お待ちしております!

Etsyのショップストーリ、ポリシーの
英文翻訳も受け付けています。
trancelation-img
>>Etsy翻訳サポート

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね

Grab the latest!

Twitter でCatchy businessをフォローしよう!


Posted in Blog, 英語No Comments » 

関連記事