Blog
Jan 30, 2016

写真撮影のコツ 〜ネットショップ商品撮影〜

普段、仕事では撮影はプロカメラマンに依頼します。
写真のクオリティで商品の質もデザインの質も変わるからです。

でも、個人でネットショップ等をしていて
コストをかけずに自分で撮りたい!というお悩みもよく聞きます。

もし写真を撮るのが苦手で、撮る事が苦痛でたまらないなら(笑)
プロに頼む。もしくは上手な人、写真が好きな人に頼むのも選択肢の一つ。
頼む事で商品の別の魅力を引き出してくれる事もあります。

 

「こうすれば絶対プロ並に撮れる!」なんてモノありませんが

「雰囲気がいい写真を撮るコツ」はいくつかあります。

 

◎自然光で撮る
色んな所で言われているかもしれませんが、基本です。
午前中の柔らかい日差しが入る窓際がオススメ。
もし部屋が暗くて屋外で撮るなら日陰がオススメ。

 

撮影方法

 

自然光がいいのは、とにかく明るく自然に撮れるから。
また今っぽい写真のテイストが自然光撮影の雰囲気だからです。

 

上記で撮影風景で実際に撮った写真

上記写真の撮影で実際に撮った写真

 

◎色んな角度で撮ってみる
角度で写真の印象はかなり変わります。
また、モノによって効果的な角度も変わってきます。

 

真上から撮影した写真

真上から撮影した写真

真俯瞰(真上から撮る)が可愛く見えるのか
斜俯瞰(斜め上から撮る)の方が高さや素材感がわかるのか
下から、もしくは平行に見る方が面白く撮れるのか

 

真上から撮る時は三脚がおすすめ

真上から撮る時は三脚がおすすめ

 

◎スタイリングを考える
特にイメージ写真の良し悪しはスタイリングで大きくかわります。
スタイリングとは、どんな背景、シチュエーションにするか。
見せたいイメージとコンセプト、またセンスが必要です。

 

ライトボックスや照明を使って撮る方法もよく紹介されています。
でも正直、ヘタしたら素人感が目立つ事も…。
長くなるので、この話題はまた今度。

今はスマホでも綺麗に撮れるようになりましたし
レタッチ(色調整等)できるならさらに質は上がります。
でもレタッチで写真を壊す事も…長くなりそうなので、また今度(笑)

 

誰でもできる一番簡単な方法・・・

◎ちょっといいカメラ(一眼)を使う!
道具が自分の腕を引き上げてくれる事は大いに期待できます。
難しい設定をしなくても、一気にクオリティは上がります。
やる気があるなら買って損はありません。

 

最後に・・よく「白背景でわかりやすく明るく」と言いがちですが
特にジュエリーやアクセサリー系の写真は、
濃い目の背景の方が質感や光が綺麗に出る事もあります。

濃い背景での撮影、おためしあれ

濃い背景での撮影もおためしあれ(↑自然光のみです)

 

ご自分で商品を撮るコツ、とても1回ではお伝えできないので
今後もお話していければと思います!
リクエストも受け付けてますのでよろしくお願いします♪

 

 

Posted in Blog, デザインNo Comments » 

 

Jan 29, 2016

祝!海外販売サイトで初オーダーいただきました!

Myu20160129

1/22にOPENした海外販売サイト【Catchy boutique】にて
昨日、イギリスから初オーダーをいただきました!パンパカパーン♪

Catchy Cat Origami

Instagramをメインにしつこく折り紙宣伝したかいがありました。笑

オープン1週間後にオーダーいただけるなんてすごい!(自画自賛)
(ネットショップオーナーさんなら、きっと分かってくださるはず~。)
そりゃ~もうCatchyメンバー大喜び!

梱包を終わらせて、本日発送してきました。
現物も喜んでいただけますように。(≧▽≦)

20160129

 

ところで海外販売を目指している方にとって
英語のやりとりも不安材料のひとつですが、
昨日の初オーダーでやりとりした英文の一部をちらっとご紹介します。

どんなやりとりしているの?と
思われてる方に参考になればと一部掲載させていただきます。

・Catchyから送った文

Hi, ○○!(←ここにお客様のお名前)

Thank you so much for your order!
We are so thrilled to see your name as our FIRST CUSTOMER EVER!!
Thank you very much!!
We will ship your orders tomorrow!!


・お客様からの返信

I’m so pleased to be your first customer!!
I can’t wait to receive my book and origami!


日本語訳:
・Catchy
ご注文ありがとうございます。
私達の初めてのお顧客としてあなたの名前を見てとても興奮しています!
ありがとうございます。明日発送しますね♪

・お客様より
最初のお客様になれてすごく嬉しい!!
本と折り紙の到着が待ちきれない!

とこんな感じです。

お客様からいただいた「Can’t wait ~」は
SNSでもよく使われてますね~!

私はよく出張でみゅ~くんと1週間以上会えない時に
「Can’t wait to see Myu!」
みゅ~くんに、はよ会いたい(T_T)と、Instagramでメソメソとつぶやいておりました。笑

お客様との英文のやりとりは、
なじみのある単語で、よく使われる短いフレーズを少しずつ覚えていけば、
英語に対する緊張感も少しずつなくなるかと思います。

とえらそうに言ってますが、私もいまだにおっかなびっくりです。笑

このようなすぐに役立つ英語フレーズなどは
Vicky先生の英会話レッスンでたくさん教えていただけます!

そして、ネットショップオーナーさま必見の商品撮影ブランディング・デザインのことは
デザインサポート担当の石井さんが、鋭い視点からアドバイスしてくれます!
デザイン・制作相談

さてさて、初オーダーで浮かれてばかりもいられません。
来月からは、Etsyをメインとした
海外販売に関するスカイプセミナーなどを計画しています。

準備が出来ましたら、告知させていただきますね♪

written by 海外販売担当Iwabe

 

Jan 28, 2016

教えて!効果的な英語の勉強法。

英語勉強のQ&A

バイリンガル英会話講師のVickyが
生徒さんからよく聞く質問に答えます!

1. 「どうやったらネイティブスピーカーのように話せるようになりますか?」
2. 「単語やフレーズの覚え方を教えてください!」
3. 「日本語から英語に置き換えるのに時間がかかるんです!」
4. 「やはり、留学しないと英語の取得は無理かも?!」

 

上の4つの質問は、講師になってから特によく聞かれるものです。
今日はこの場をお借りして、シリーズに分けながら質問にお答えします。

どうやったらネイティブスピーカーのように話せるようになりますか?

ネイティブスピーカーのようになるために取得しないといけないスキルはたくさんありますが、
特に一番大切な事は(1)観察力(2)取得した能力と知識の応用力です。

まず、勉強を始める前に「理想人物」を選んでください。
「この人みたいに英語が話せるようになりたい!」の目標を持ってください。

参考書買うより、こっちが大事!

それはどうしてか。

子供がどうして親や周りの大人と同じ様な話し方をするか考えてみて下さい。
「子供は親の背中をみて育つ」といいますが、語学の取得も同じ原理が使われます。

子供はしっかり周りを観察して、以下の事を観察しているんです。
(1)どこでどんなフレーズを使っているか、
(2)どういう場面・タイミングで使っているか、
(3)どんなボディランゲージまたは表情をしているか

英語で映画などを見る時、上記のポイントを抑えながら
リスニングの勉強をしましょう!

お勧め勉強法:アニメを見る

アニメと聞いて「えぇ?この年でアニメはちょっと・・・」や、
「ニュースじゃだめなの?」というコメントを頂きます。

まずアニメに抵抗がある方々、アニメは結構おもしろいですよ!
それからニュースは?とお考えの方、ニュースでも勿論OKですが、
ニュースでは事件を淡々と語っているだけであり、
日常英会話で必要なフレーズや単語、ボディランゲージや表情等の情報が欠けています。

それでは、その国の文化もモダン英語も学べません

どうしてアニメ?

アニメは子供がターゲット。
物事をわかりやすく、理解されやすいストーリーラインですよね。
それに加えアニメから単語やフレーズのみならず、
フレーズを使うタイミング、アニメのキャラクターからその国の特性や文化まで学べます。
それから、各シーン(ビジュアル)と英語のセットで関連付けしながら覚えるので、
より深い記憶として残ります。だからアニメがいいんです

ちなみに私はSpongeBob SquarePants (season 1-2)をみてました。

次の質問、単語やフレーズの覚え方を教えてください!についてお話します。

 

 

Bye, Besties!

Posted in 英語No Comments » 

 

Jan 26, 2016

消しゴムはんこでロゴづくり

こちらは猫の肉球ハンコを捺印・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

冷たいから1日1回しか押せませんw

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

以前、こんなご相談がありました。

新しくご夫婦で新規就農したので
農園のロゴやパッケージをデザインして欲しい。

しかし、よくよくお話を聞くと
まだ農作物は利益が出るほどにできていない状態。

厳しい状況ながらも、ご家族は仲が良くて
小さな子ども達が田舎暮らしを楽しんでいる様子も伝わってきました。
でも、やっぱりまだまだ厳しいんです。予算もない。

なので、軌道にのるまでは
私に仕事を依頼するのは止めるように言いました(笑)

そのかわり「ハンコを自分達で作ってみては?」と提案しました。

やり取りをした際、そのご家族の雰囲気がとても素敵だったから
お子さん達と一緒に自分たちの農園のシンボルマークを彫ってみませんか?と。

きっと楽しく仲がいい雰囲気が出ると思ったのです。
それならば多少ヘタクソでもご愛嬌。

なぜハンコを勧めたかというと
段ボールに押せばパッケージ、カードに押せば名刺・・
様々なオリジナルツールがハンコ1つでできるからです。
しかも経費はゴム板のみ!

そのご家族は周りの方にも手伝ってもらって、
とても上手で素敵なハンコを作られました。
それ、そのままロゴにできる!想像以上のクオリティでした。

消しゴムハンコ1つで、ブランドができることもあります。

そして大事なのは、いきなり体裁だけ整えない事。

 

 

 

ちなみにこちらは、いちご部長のハンコ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

消しゴムハンコ作家、のぼぼんさんに作ってもらいました。

素敵でしょう〜♪これは私個人がニヤニヤ愛でる用です♪

 

 

※作家さん等にハンコ制作を頼んだ際商業用のロゴとして使う場合は承諾を得る必要があります。

 

 

Posted in Blog, デザインNo Comments » 

 

Jan 22, 2016

Vickyです!

blog_Vicky teacher

皆様、はじめまして。英語担当のVickyと申します!

私は岐阜県飛騨高山の伝統陶芸家の次女として生まれ、厳しく育てられました。
しかし、幼少からの憧れだったビートルズの国に行きたい!の一心で18歳で故郷を離れ、
現在ジミ・ヘンドリックスが安らかに眠る街、シアトルに住んでおります。

この度、猫を通じて素敵な仲間たちと出会い、
一緒にCatchyチームとしてお仕事をさせて頂く事になりました。

こんなに意気投合できる仲間たちと仕事が出来て、
毎日楽しく充実した日々を送っております。

私、Vickyという人間は、家業の関係で小さい頃から色々な作家さんたちと接し
アメリカでもギャラリーで販売員・イベントコーディネーターとして働きました。

母親になってからは、もう一つの夢だった動物保護活動の仕事に関わるため、
犬の行動分析学を学ぶことを決心し、
一生懸命勉強して初日本人生徒として学校を卒業しました(YAAY!)。

その傍ら、育児中はフリーランス翻訳家として活動し、
ウェブサイトコンテンツやサイエンスジャーナルなどの翻訳をしました。

2014年から英会話講師として経験を積み、
「ストレスフリーで楽しいレッスン」を目標にし、
もっと自分の英語力で皆さんの役に立てるよう日々努力しております。

Catchyのオープンにあたっての心意気では・・・

早く皆さんのお役に立ちたい!!
―これのみでございます。

それでは皆様とレッスンにてお会いできるのを楽しみしております!

Posted in Blog, 英語No Comments » 

 

Jan 22, 2016

ブランディングって?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

はじめまして。Catchyデザイン担当Ishiiです。

Blogではデザインワークを通して感じること、役立つ話、役立たない話?

ゆるりと書いていく予定です。

最初は、ビジネスをスタートさせる時にも大事な「ブランディング」の話。

 

ブランディング、という言葉をよく聞きます。

ブランディングって何でしょう?

言葉にするとわかるような、わからないような。

個人でも企業でも事業主であれば一度は考えることだと思います。
ブランディング=デザインでもないし、
ブランディング=インパクトや新しさでもありません。

私は今まで個人経営の店舗様や大手企業様、様々なジャンルで
様々な規模の広告&デザインのお仕事を経験させて頂きました。

その中で実感してきた、ブランディングを意識したデザインの考え方は私なりにあります。
デザインする時の基本的な考え方はいつも同じです。

・その人(会社・商品)らしさは何か

・心を打つストーリー、コンセプトは何か

・業界・市場でどのようなポジションにいるか、そしてこれからどこを目指すか

他との「差別化」をするための強みを引き出し
イメージを形にするのがデザインの役割だと思っています。

そして、そのデザインは見る人に響くものでなければならない。
人の知覚情報の8割は視覚とも言われますが
確かに、ぱっと見のイメージとその影響力は計り知れません。

そのイメージの一つひとつを積み重ねていくことが、
ブランドを作り上げていくことにもなります。

個人でも企業でも、想いを形にして伝えられているか
という点では同じです。

むしろ個人の方のほうが
自分の想いは間違いないか?、どこを目指したいのか?、価値はあるか?
事業の核となるコンセプトや自分自身を嫌というほど見つめ直すことになります。

それがブランディングの魅力であり、第一歩かもしれません。

 

ちなみにCatchyでは「やっぱ猫やろ!」と即決で猫がモチーフに決まりました。

考えた末というより、ただの猫バカかもしれない。。。

 

 

Posted in Blog, デザインNo Comments » 

 

Jan 22, 2016

海外販売に挑戦する人をサポートいたします!

海外販売する人をサポートいたします!

海外販売サポートをはじめたきっかけ

はじめまして、CatchyのIwabeです。

海外販売に挑戦したい!2014年、ぼんやりとそう思っていた夢が1年も経たずに叶いました。

2015年にEtsyに自分のショップをOPEN、国内で運営しているネットショップにも海外から注文を受けるようになり、次第にSNSを通してご注文を受けたり、海外のショップからお取引の依頼も受けるようになりました。

2017年にはAmazon.comから招待を受けHandmade at Amazon内に自分のショップをOPENすることもできました。

海外販売をしていく中で、日本とでは販売方法が違うということを感じて海外マーケティングのアカデミーを受講し、そこで出会った海外の仕事仲間とたくさんの情報交換も出来るようになりました。

今、このような充実した環境に身を置くことができていますが、海外販売を始める前は不安だらけでした。

・英語は大丈夫かな…
・海外発送はこれでいいのかな…
・検疫のこと、どうやって調べれば…
・英語で問合せが来たらどうしよう…
・クレームが来たらどうしよう…
・取引の通貨はドル?それとも円?

など、これらをどう解決すればいいのか手探り状態でした。

 

ですが、立ち止まってはいられません、分からないことは、自分の制作時間を削って調べ、同時進行でEtsyショップのオープンに向けて時間を費やす毎日。

そうして2015年に念願だったEtsyに自分のショップをOPENすることが出来ました。

 

EtsyをOPENしたあと、今度は

・Etsyの管理画面に慣れない…
・発送時の梱包方法はこれで大丈夫かな…
・インボイスは何枚つけたらいいの?
・英語で問合せがきてしまったけど、返信文は通じているかな…

と新たな不安が。

現在は、多くのバイヤーとのやりとりを元に英文のテンプレートを作りすぐに対応できるようにしているので、あたふたすることはなくなりましたが、ある時ふとこう思いました。

きっと以前の私のように、たくさんの疑問と不安があって海外販売に一歩踏み出せない作家さんがたくさんいらっしゃるのではないかと。

自分の経験を踏まえて何かサポートができないだろうかと。

 

海外販売に挑戦する人をサポートいたします!

この思いが日増しに強くなり、これから海外販売を目指す作家さん達のサポートができる場所として、Vicky先生(英語担当)、美鈴さん(デザイン)とCatchy(キャッチー)を立ち上げました。

関連記事:Catchyとは?

 

一番の不安要素である【英語】をメインに、私達Catchyは海外販売を目指して作品作りをされている作家様に海外販売のサポートをさせていただきたいと思っています。

私自身、海外販売の準備で制作時間を削りかなりの時間を要しました。

だからこそ、作家様には制作時間をロスすることなくよりスムーズに海外販売ショップをOPENしていただきたい、その夢を叶えるために私達にぜひサポートさせてください。

私達と一緒に、日本の素晴らしい作品を海外へ発信していきましょう!

We are here to help you succeed your goal!

Posted in Blog, 海外販売No Comments » 

 

1 3 4 5 6 7